宝くじ

吉日でなくても宝くじは当たる!?買う日は関係ない理由を徹底解説!

吉日でなくても宝くじは当たる!?買う日は関係ない理由を徹底解説!

億万長者になれる方法の一つとして人気の宝くじ。

高額当選して豊かな生活を夢見る方は多いでしょう。

しかし、宝くじの当選確率は限りなく低いですよね。

そう簡単に当たらないのが、宝くじです。

一方で、当たる確率は低くても、「いつか当たるかもしれない」と、楽しみながら宝くじを買う方もいるでしょう。

高額当選者の多くは、吉日や特別な日など縁起の良い日に宝くじを買う傾向にあります。

ゲン担ぎとして吉日や特別な日に購入するので、運気アップにつながる可能性がありますよ。

しかし、実際は吉日や特別な日に購入しなくても宝くじに当たった方は多いです。

「もしかして吉日や特別な日は関係ないのでは?」と思ってしまいますよね。

本記事では、『吉日でなくても宝くじは当たる!?』について紹介します。

宝くじを買う日は当選に関係ない理由や、凶日でも宝くじが当たる可能性がある日などを解説しているので、ぜひ最後まで読んでいただけますと幸いです。

また、お金は生きていくうえで必要なものですよね。

「自分の金運は今後どうなるの?」「金運を上げる方法を教えてほしい」などと思う方は多いでしょう。

当サイトでは、プロの占い師による本格的な金運占いを体験できる方法を紹介しています。

本格的な金運鑑定を受けることで、あなたに合った金運アップ方法を知るきっかけになります。

そして、今後の金運の流れを知ることで、いつお金に恵まれるのか・気をつけるべき点は何かが分かるでしょう。

プロによる本格的な金運鑑定を受けたい方は、下記のリンクをクリックしてみてください。

\1分でできる!/
▼無料の金運占いはこちらをタップ▼

月相の金運成就

宝くじを買うべきでない日6選

宝くじを買うべきでない日6選

まずは、宝くじを買うのに適していない吉日を紹介します。

宝くじを買うべきでない日は、次の6つです。

  1. 不成就日(ふじょうじゅび)
  2. 赤口(しゃっこう)
  3. 仏滅(ぶつめつ)
  4. 受死日(じゅしび)
  5. 十死日(じゅうしにち)
  6. 破(は)

それでは、それぞれの項目について詳しく解説します。

凶日その1:不成就日(ふじょうじゅび)

不成就日は、全ての物事が報われない日です。

何事も叶わない日なので、不成就日に宝くじを購入しても高額当選できる可能性はほぼゼロといっていいでしょう。

ほかの凶日よりも知名度は低いので、知らない方も多いのではないでしょうか。

しかし、不成就日は意外にも月に何度か出てくるほど訪れる頻度は高いです。

吉日と重なることも多く、宝くじを買う際は不成就日でないかどうか確認してから購入しましょう。

凶日その2:赤口(しゃっこう)

赤口は、炎や血などを連想させる凶日です。

火の気はお金の気と相性が悪いです。

お金を燃やすという意味合いがあるので、赤口は宝くじを買う日には適していません。

また、血は場合によっては生命力を表すケースもありますが、赤口においてはネガティブな意味合いで使われます。

赤口は凶日のなかでもトップクラスの不吉な日なので、宝くじ購入を避けるようにしてください。

カレンダーで確認できるので、ぜひチェックしてから宝くじを買うかどうか決めましょう。

凶日その3:仏滅(ぶつめつ)

仏滅は、吉凶を決める『六曜』のなかで最も不吉な日とされています。

そのため、宝くじ以外にも結婚式や入籍、引っ越しなどにも不向きです。

仏滅でOKとされているのは、お通夜や葬式といわれています。

「仏を滅する」と書くので、見るからに不吉なのが分かりますよね。

神様から力を授けられない日といっても過言ではないので、金運が舞い込んでくることもないでしょう。

仏滅はカレンダーで確認できるので、宝くじを購入する前はしっかりチェックしてください。

凶日その4:受死日(じゅしび)

受死日は、暦の中で最も不吉な日とされています。

何をするにも不向きなので、結婚など人生の節目を迎えるイベントや新しいチャレンジなどはしないように。

受死日で唯一許されていることは、葬儀関連といわれています。

「死を受け入れる日」と書くので、不吉な日というのが漢字から分かりますよね。

当然宝くじを買うのにも不向きなので、受死日に購入するのは控えましょう。

凶日その5:十死日(じゅうしにち)

十死日は、受死日と同様に縁起の悪い凶日です。

受死日と違う点は、葬儀関係すらも向いていないということです。

凶日は葬儀関連ならOKという場合が多いですが、十死日に関しては何をするのも不向きといわれています。

もちろん宝くじを購入するのにも不向きなので、たとえ買ったとしても高額当選する可能性は低いでしょう。

十死日では極力何もせず、静かに過ごすことが最善とされています。

凶日その6:破(は)

破は「破壊」「破れる」などの意味合いがある凶日です。

特に大事な商談や大きな賭けなど、勝負事に挑むと負けてしまう日とされています。

宝くじも勝負事の一つになるので、避けるべきといっていいでしょう。

宝くじを買う日は関係ない!?実は「仏滅」が一番当選確率が高い

宝くじを買う日は関係ない!?実は「仏滅」が一番当選確率が高い

ここまで、宝くじを買うのに向いていない凶日を解説しました。

凶日の解説を見て、当てはまる日に宝くじを購入するのはやめようと感じた方は多いでしょう。

しかし、実は凶日に購入したものの高額当選した事例は多いのです。

高額当選者にアンケートを取ったところ、購入した日で一番多かったのは『仏滅』だったのです。

高額当選した日のランキングは、次の通りです。

  • 1位:仏滅
  • 2位:赤口
  • 3位:友引
  • 4位:大安
  • 4位:先勝
  • 6位:先負

上位2つが凶日なのは、驚きですよね。

ランキングを見ると吉日に購入しなくても、宝くじは当たるということなのかもしれません。

最終的に運で宝くじの当落が決まるので、運が味方していたら当選できるということでしょう。

凶日でも宝くじが当たる可能性がある日・時間帯6つ

凶日でも宝くじが当たる可能性がある日・時間帯6つ

凶日でも宝くじが当たるのは、高額当選者のこだわりがある点が理由の一つに挙げられます。

宝くじを買わないほうがいい日だからこそ、運気を少しでも上げる方法を実践しているのです。

高額当選者が買う際に実践している、凶日でも宝くじが当たる可能性をアップさせる方法を紹介するので、チェックしてみてください。

凶日でも宝くじが当たる可能性がある日・時間帯は、次の6つです。

  1. 誕生日の前日・15日後
  2. 大安の前日
  3. 午前9時から11時
  4. 入籍や家族の大事な日などの記念日
  5. 嫌なことがあった日
  6. 直感で買おうと思った日

それでは、それぞれの項目について詳しく解説します。

おすすめの日・時間帯その1:誕生日の前日・15日後

誕生日の前日は、年齢が変わる前の日なので運気が切り替わるタイミングです。

運気が上昇して新しい1年を迎えるとされているので、宝くじが当選する可能性もアップするでしょう。

誕生日の前日に宝くじを購入して、高額当選を狙いましょう。

また、誕生日の15日後も運気アップするといわれています。

「15」という数字は、金運アップを表します。

誕生日でもともと運気がアップしているなか、「15」も関連しているので、宝くじを購入するタイミングとして適しているといっていいでしょう。

おすすめの日・時間帯その2:大安の前日

大安は吉日の一つなので、宝くじを買うといい日に当てはまります。

しかし、大安の前日も宝くじ購入にいいとされているのです。

六曜では「先勝→友引→先負→仏滅→大安→赤口」という順番で巡ってきます。

凶日の一つである仏滅は、「大安イブ」と呼ばれることもあります。

運気が悪い日ではあるものの、次の日には願いが叶うとされる大安が待っているので、運気が上昇するタイミングと捉えることもできるのです。

大安に向かって運気アップを目指すため、あえて仏滅に宝くじを購入して高額当選を引き寄せる方がいるということですね。

仏滅に買った宝くじが高額当選するケースが多いのは、大安イブだからという点も理由の一つかもしれません。

おすすめの日・時間帯その3:午前9時から11時

高額当選者は宝くじを買う時間にもこだわりがあります。

金運が上がる時間帯は午前9~11時の『巳の刻』です。

『巳』はヘビのことを指します。

ヘビは昔から財運をもたらす動物と言い伝えられているので、午前9~11時に宝くじを買うと大きな金運を得られるでしょう。

仕事などでなかなか午前中に購入できない方はネット販売もあるので、スマホから買うのも一つの手ですよ。

たとえ凶日だとしても、巳の刻は毎日訪れるので、9時から11時に宝くじを購入して金運を高める方もいるということです。

おすすめの日・時間帯その4:入籍や家族の大事な日などの記念日

誕生日のほかにも、縁起の良い日として入籍や家族の大事な日などの記念日に宝くじを買う方は多いです。

たとえ凶日だとしても、あなたにとって大切な日なのは変わりないでしょう。

記念として宝くじを購入すると、高額当選したというケースは多いです。

あなたにとって縁起の良い日は、自然と運気がアップします。

「今日は記念日だし宝くじを買いたいけど、凶日だからやめておこう」ではなく、軽い気持ちで買ってみると、運が味方して高額当選を果たすかもしれませんよ。

おすすめの日・時間帯その5:嫌なことがあった日

嫌なことがあると「ツイていないな…」と落ち込みますよね。

しかし、運気が下がっているときこそ、宝くじで高額当選のチャンスを得られますよ。

運気が悪いということは、あとは上がるのみですよね。

運気アップを願って宝くじを購入すると、運があなたに味方して高額当選を果たす可能性があります。

嫌なことがあったときこそ、宝くじを購入して良い運気を掴み取りましょう。

もし売り場の前を通って「今買ったらいいかも…」などと直感が働いた場合は、素直に従って行動してみてください。

当サイトには、宝くじの買い方をまとめた記事も紹介しています。

高額当選者の買い方を解説しているので、気になる方はぜひ下記記事もチェックしてみてください。

» ジャンボ宝くじの買い方徹底解説!バラと連番はどっちがいい?縦バラや特バラとは?

【2022年版】宝くじを買う日はいつがいい?当たる確率がアップする日を徹底解説!
【2022年版】宝くじを買う日はいつがいい?当たる確率がアップする日を徹底解説!本記事では、『当たる確率がアップする宝くじを買う日』を紹介します。2022年の宝くじを買うのにピッタリな日を一覧で紹介していたり、購入前後にやっておくといいことを解説したりしているので、ぜひ最後まで読んでみてください。...

おすすめの日・時間帯その6:直感で買おうと思った日

高額当選者のなかには、直感で「今日宝くじを買ってみよう」と思って購入すると、大金を手に入れた方もいます。

仕事帰りにたまたま売り場の前を通って買ってみたり、偶然CMを見て購入しに行ったなど、直感が働いたきっかけはさまざまです。

運が良い方は、自分の直感を大切にしている傾向にあります。

そのため、「何か良いことがある気がする」と思ったときは、ぜひ宝くじを買ってみてください。

宝くじを買うのにおすすめな吉日4選

宝くじを買うのにおすすめな吉日4選

宝くじは吉日でなくても高額当選するといわれていますが、できるだけ縁起の良い日に購入したいという方も多いはず。

続いては、宝くじを買うのに適している吉日を紹介するので、何があるかチェックして購入日の検討に役立ててください。

宝くじを買うのにおすすめな吉日は、次の4つです。

  1. 一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)
  2. 天赦日(てんしゃび)
  3. 寅の日(とらのひ)
  4. 巳の日(みのひ)

それでは、それぞれの項目について詳しく解説します。

吉日その1:一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)

『一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)』は、どんなことも大きな結果として返ってくるといわれている吉日です。

1粒の籾(モミ)が実を何万個もつけて成長するという意味合いがあり、新しいことを始めると将来大きな成功するとされていますよ。

そのため、宝くじを一粒万倍日に購入すると、当選発表の日に大金となって返ってくるかもしれません。

一粒万倍日は1ヶ月に約6回訪れ、回数が多いのも魅力です。

回数が多い分、ほかの吉日と重なることも多いので、より金運アップ効果をもたらす可能性もありますよ。

当サイトには、宝くじを買う日についてまとめた記事もあります。

2022年の吉日を一覧で紹介しているので、気になる方はぜひ下記記事もチェックしてみてください。

» 【2022年版】宝くじを買う日はいつがいい?当たる確率がアップする日を徹底解説!

【2022年版】宝くじを買う日はいつがいい?当たる確率がアップする日を徹底解説!
【2022年版】宝くじを買う日はいつがいい?当たる確率がアップする日を徹底解説!本記事では、『当たる確率がアップする宝くじを買う日』を紹介します。2022年の宝くじを買うのにピッタリな日を一覧で紹介していたり、購入前後にやっておくといいことを解説したりしているので、ぜひ最後まで読んでみてください。...

吉日その2:天赦日(てんしゃび)

『天赦日(てんしゃび)』は、吉日のなかでも特に最強といわれています。

1年に約6回しか訪れない貴重な吉日です。

全ての神様が天界に集まり、何事も成功に導いてくれる日とされています。

どんな罪も「赦す」日とされていて、今までの悪い運気の流れをリセットしてくれる日でもあります。

天赦日に始めたことは全て成功につながるので、宝くじを買うのにピッタリですよ。

吉日その3:寅の日(とらのひ)

『寅の日(とらのひ)』も、金運が上がる吉日の一つです。

トラもヘビと同様に昔から金運アップの象徴として言い伝えられていました。

金運が上昇する色として有名な黄色い体をしているのも、お金を運んでくれる理由の一つでもあります。

寅の日の意味としては、子どもために遠く離れた場所に狩りに行っても、必ず戻ってくるというトラの生態からきています。

そのため、宝くじのためにお金を使っても、当選する頃には大きな金額となって返ってくると解釈されているのです。

12日に一度訪れるので、ほかの吉日と重なる日に宝くじを買うと当選確率がアップしますよ。

吉日その4:巳の日(みのひ)

『巳の日(みのひ)』は、金運が上がる吉日の一つです。

「巳」はヘビのことを指します。

ヘビは昔から金運アップの象徴として言い伝えられていました。

現代でも「白蛇が出てくる夢を見ると宝くじが当たる」「ヘビの画像を待ち受けにすると幸せが訪れる」と聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。

金運が上がるといわれていることから、パイソン柄の財布も人気ですよね。

12日に一度訪れ、一粒万倍日と重なることが多いです。

巳の日単体でも宝くじ当選の可能性がアップしますが、訪れる頻度から一粒万倍日と被った日に購入するとより当たる確率が高くなるかもしれませんよ。

当サイトには、宝くじの当選確率についてまとめた記事もあります。

各商品の当選確率を詳しく解説しているので、気になる方はぜひ下記記事もチェックしてみてください。

» 宝くじが当たる確率まとめ!種類別に徹底解説!当選した人の特徴も紹介

宝くじが当たる確率まとめ!種類別に徹底解説!当選した人の特徴も紹介
宝くじが当たる確率まとめ!種類別に徹底解説!当選した人の特徴も紹介本記事では、『宝くじが当たる確率』について紹介します。商品ごとの当選確率を一覧で紹介していたり、当選した人の特徴なども解説していたりするので、ぜひ最後まで読んでみてください。...

実は宝くじを買う日は関係ない!買いたいと思った時に買うのが一番!【まとめ】

宝くじを買う日は実は関係ない!買いたいと思った時に買うのが一番!【まとめ】

本記事では、『吉日でなくても宝くじは当たる!?』について紹介しました。

ゲン担ぎのために吉日に宝くじを購入する方は多いです。

しかし、どうしても時間が取れないなどで、吉日に宝くじを購入できない方も多いでしょう。

実際に仏滅など吉日に購入しなくても高額当選した例は多いので、一番は宝くじを買いたいと思った時に行動するのが一番なのかもしれません。

宝くじの当落は、最終的に運が決めることです。

運が味方すれば自然と高額当選へとつながるので、あなたが思いついたタイミングで宝くじを購入しましょう。

思いつきだけでなく、午前中に購入するなどゲン担ぎがあると、さらに良い運気を引き寄せられるかもしれないので、本記事で紹介した内容を参考にしてみてください。

宝くじを楽しみながら、億万長者を目指しましょう。

また、お金は生きていくうえで必要なものですよね。

「自分の金運は今後どうなるの?」「金運を上げる方法を教えてほしい」などと思う方は多いでしょう。

当サイトでは、プロの占い師による本格的な金運占いを体験できる方法を紹介しています。

本格的な金運鑑定を受けることで、あなたに合った金運アップ方法を知るきっかけになります。

そして、今後の金運の流れを知ることで、いつお金に恵まれるのか・気をつけるべき点は何かが分かるでしょう。

プロによる本格的な金運鑑定を受けたい方は、下記のリンクをクリックしてみてください。

>>【今だけ無料】プロが占う私だけの2022年金運アップの方法とは?

【2022年】無料で金運を引き寄せるチャンス!

金運を引き寄せ、2022年を少しでも豊かに過ごしたい方へ。

今おすすめなのが、金運のプロによる個別金運占いです。

お金にさえ恵まれれば、心に余裕ができ、より充実した人生を送れるものです。

実際、この金運占いを受け続けている方は、宝くじに当たったり、貯金がドンドン貯まったりと幸運を引き寄せることに成功しています。

今だけ無料でプロの金運鑑定が受けられるので、次はあなたが金運アップの秘訣を取り入れてみてください。

\1分で無料登録できる!/
▼無料で人気の金運占いはこちらをタップ▼
月相の金運成就