風水・運気

運気が悪いと感じたらやるべき対処法5選!今すぐできる開運方法を紹介

運気が悪いと感じたらやるべき対処法5選!今すぐできる開運方法を紹介

「最近ツイていないな…」と感じることはありませんか?

悪いことが起こると気分が下がってしまいますよね。

さらに、悪いことが起こると、期間を空けず違う不運に見舞われ、不幸の連鎖に遭う場合もあるでしょう。

何度も不運に見舞われると、運気が悪いと感じるはず。

そこで、悪い運気を断ち切る方法を知ることができれば、嬉しいですよね。

本記事では、運気が悪いと感じたときにやるべき対処法を紹介します。

運が悪くなる原因や、運気が悪いと感じやすい人の特徴、良い運気をキープする方法も紹介しているので、ぜひ最後まで読んでいただけますと幸いです。

また、当サイトには、プロの金運鑑定を無料で受けられる方法も紹介しています。

お金は日々の生活に必要ですよね。

誰もがお金に恵まれる生活をしたいと願うでしょう。

自分の金運が今どうなっているのか、今後どう変化するのかなどを知りたいときは、プロの占い師に金運鑑定してもらうのをおすすめします。

あなたの金運がどうなっているかだけでなく、自分だけの金運アップ方法も教えてくれますよ。

プロの金運鑑定を受けてみたい方は、ぜひ下記リンクをチェックしてみてください。

\1分でできる!/
▼無料の金運占いはこちらをタップ▼

月相の金運成就

そもそも運が悪くなる原因とは?

そもそも運が悪くなる原因とは?

運気は、良い時期と悪い時期が交互に訪れます。

どちらも一時的なもので、どちらも長く続くわけではありません。

しかし、あまりにも不運が連鎖するようであれば周期的なものではなく、次の3つの原因があると考えられます。

  1. 体・心・気のいずれかが乱れている
  2. 内的な原因がある
  3. 外的な原因がある

それでは、それぞれの項目について詳しく解説します。

原因その1:体・心・気のいずれかが乱れている

「体」は、外見や内蔵など、肉体のことをさします。

体はあなたの魂を覆うもので、一番に運気を感じ取る部分です。

つまり、体に不調が生じると、良い運気を感じるセンサーが鈍ってしまい、悪い運気が入りやすくなるのです。

健康であれば、良い運気を感じ取るセンサーが正常に動くので、幸運が舞い込みやすくなります。

「心」は、感情や考えなど、精神的な部分のことをさします。

体が運気のセンサーなら、心は運気を受け入れる扉のようなものです。

体と心は紙一重といっても過言ではないので、体が不調だと精神的なダメージを負いますし、逆もしかりです。

精神的なダメージがあると、悪い運気が扉をすぐに開けてしまいます。

心が健康であることで、悪い運気を扉がガードするので、精神的な安定も運気の流れを左右するといっていいでしょう。

「気」は運気そのものをさします。

エネルギーや生命力、気力も「気」の一つです。

「体」と「心」にも関連していて、どちらかが悪くなると、気の流れも悪くなるという現象が起こります。

「体・心・気」はつながっているので、いずれかが不調になると、自然と悪い運気を取り込みやすくなるのです。

原因その2:内的な原因がある

内的な原因とは、ストレスや体調不良など、心身に関わることです。

例えば、自分より他人を優先する行動をしすぎると、あなた自身のことが疎かになり、知らないうちにストレスが溜まってしまうでしょう。

なかなか相手に本音を伝えられず、モヤモヤしてしまうのも、心身の健康を阻害する原因になり得ます。

このように、自分の内面に負担をかけることで、先ほど紹介した「心」の部分が悪くなり、結果として体調不良で「体」へ、そして「気」の流れが悪くなります。

運気を下げないためには、日々の生活で精神的な安定を保つのが重要ですよ。

原因その3:外的な原因がある

外的な要因とは、あなたの身の回りに起こる出来事や環境などをさします。

例えば、引っ越しや部署の異動などがあると、環境が変わるので運気も変化します。

ほかにも、家で間違った風水の使い方をしていると、環境面でマイナスの影響を受けてしまうでしょう。

また、邪気が溜まっていたり、霊的なものも外的な要因に含まれます。

外部からの影響を防ぐためには、自分の部屋を掃除したり、風水に気を遣ったりなど、まずは自分が普段過ごす家の環境を整えるのがいいとされています。

後ほど対策を紹介するので、併せてチェックしてみてください。

運が悪いと感じやすい人の特徴3つ

運が悪いと感じやすい人の特徴3つ

実は、運が悪いと感じやすい人には、いくつか特徴があります。

運が悪いと感じやすい人の特徴は、次の3つです。

  1. 運気が悪くなる「人」や「考え方」をしている
  2. 運気が悪くなる「家」に住んでいる
  3. 運気が悪くなる「モノ」を身につけている

自分が当てはまっているかどうか、チェックしてみてください。

特徴その1:運気が悪くなる「人」や「考え方」をしている

あなたの周りに運気が悪くなる人がいませんか?

例えば、いつも誰かの悪口を言っている人がいたり、不満や愚痴をこぼす人がいたりなどが挙げられます。

周りに上記のような人がいたら、自然と悪い運気を引き寄せやすくなるので、距離を置いたほうがいいでしょう。

自分の身の回りにいる人を思い浮かべて、運気が悪くなる人がいないかどうか確認してみてください。

一方で、あなた自身が悪い運気を引き寄せやすい考え方をしている場合もあります。

先ほど伝えたような不満や愚痴をこぼしたり、誰かの悪口を言うだけでなく、物を乱雑に扱ったり、周囲に感謝しなかったりなどが挙げられます。

周りに迷惑をかける行為も該当するので、自分の行動を今一度見直すのも大切かもしれません。

特徴その2:運気が悪くなる「家」に住んでいる

土地や家には、強力なエネルギーが宿っています。

住み方やインテリアの配置などによって、大きく運気が変わるので、運が悪いと感じる方は、家の中をチェックしましょう。

例えば、水回りが汚い、不要な物がたくさんある、枯れた植物を放置しているなどという状態だと、家に負のエネルギーが充満してしまいます。

さらに、もともと風水的に家の方角や間取りが悪く、不運を招きやすいことも原因の一つに挙げられます。

引っ越しするのが一番ですが、そう簡単に住む場所を変えられない方も多いはず。

そんなときは、部屋に置いている家具の配置を変えたり、運気アップアイテムを飾ったりするといいですよ。

特徴その3:運気が悪くなる「モノ」を身につけている

モノには一つひとつ「気」が宿っています。

悪い気が宿っているモノを持っていると、当然不運を招きやすくなります。

運気が悪くなるモノとは、例えば嫌いな人からもらったプレゼントが一つ挙げられるでしょう。

嫌いな人は、あなたにとって運気を悪くする人に該当します。

運気を悪くする人からもらったモノには、当然良い運気が宿っていると考えづらいですよね。

ほかにも、寿命や役割を終えたモノも、運気が悪くなるといわれています。

代表的な例を挙げると、「お守り」です。

お守りの効力は1年とされ、期限を過ぎたら神社などに持参して返納するのが一般的ですよね。

さらに、普段身につけるアクセサリーや財布、服などにも注目しましょう。

汚れていたり、長年使わずに放置していたりしませんか?

汚れたものや不要なものを手元に置いていると、運気が悪くなるので、処分するのをおすすめします。

このように、運気が悪くなるモノを持っていると、自然と悪い運気を引き寄せやすくなるので、自分の持ち物をチェックするのをおすすめします。

運が悪いと感じたら実践!今すぐできる5つの対処法

運が悪いと感じたら実践!今すぐできる5つの対処法

運気が悪いと感じたら、早く現状を打破したいですよね。

しかし、悪い運気を断ち切る対処法が分からないという方は多いはず。

ツイていないと感じたときに、すぐできる対処法は、次の5つです。

  1. 不要なものを処分し家を掃除する
  2. ルーティンとは異なる行動をする
  3. パワースポット巡りをする
  4. ポジティブな発言を意識する
  5. 美容院、エステに行くなど自分磨きをする

それではそれぞれの項目について詳しく解説します。

対処法その1:不要なものを処分し家を掃除する

風水では、不用なものや散らかった部屋には幸運が訪れないといわれています。

運が悪いと感じる方ほど、部屋が散らかっていたり、無駄なものが多い傾向にあります。

運気を変えたいときは、まず家の掃除をしましょう。

思い切って不要なものを捨てて、必要なものだけ残してください。

もちろん、一気に片付けるのは難しいと思うので、1日10分でも30分でも構わないので、時間を決めてコツコツ片付けるのがポイントです。

少しずつ整理することで、片付けが習慣化し、キレイな部屋を維持できるようになりますよ。

また、悪いことが続く方は、運気の出入り口である玄関や、ベランダの窓を念入りに掃除してください。

特に玄関は風水で大切な場所です。

靴は全て靴箱にしまい、傘も必要な本数だけ、ゴルフバッグなど不要なものは置かず、すっきりさせましょう。

また、玄関マットも風水で良いとされるので、敷きましょう。

家の中が整理整頓されると、自然と良い運気が入りやすくなるので、ぜひ試してみてください。

対処法その2:ルーティンとは異なる行動をする

運気が悪いときは、いつもと違う行動をするといいとされています。

毎日何気なく過ごしていると、知らないうちにルーティンができているものです。

大きな変化を取り入れなくていいので、いつもと少し違うことをしてみてください。

例えば、いつもより30分早く起きてみる、職場から家までの道を変えてみるなどが挙げられます。

上記のような内容なら、すぐに実践できるでしょう。

ほかにも、社会人サークルなど人が集まる環境に飛び込むのもいいですよ。

自分の趣味以外のことには興味がないという方ほど、新しい環境に飛び込むのが大切です。

社会人サークルなど人が集まるところに行くと、人脈が広がり、新しい発見もたくさんするでしょう。

新しい環境に飛び込むことで、あなたの運気がガラッと変化します。

いつもとは違うルーティンを意識して、運気のリセットを目指しましょう。

対処法その3:パワースポット巡りをする

神社などのパワースポットには、強力な運気アップのパワーが宿っているとされます。

訪れるだけで悪い運気を浄化してくれるので、運が悪いと感じる方は、ぜひ立ち寄りましょう。

特に神社やお寺は、神様や仏様がいる場所です。

お参りすると、あなたの運気を底上げするご利益を授かるので、ぜひ訪れてみてください。

神社やお寺などのパワースポットに訪れたら、しばらくその場を堪能するとよりいいですよ。

すぐにその場を立ち去るのではなく、運気アップパワーをチャージするために、周辺を散策してください。

神社によっては「御神木」があるので、自然のパワーを受けるのもいいですよ。

ほかにも、持ち歩く用に授与所で販売されているお守りを購入するのもいいでしょう。

お守りは神様の分身なので、あなたを悪い運気から守ってくれるはずです。

パワースポットの効果を実感して、運気が好転したという口コミは多いので、どの場所に行くのがいいか、ぜひチェックして足を運んでください。

対処法その4:ポジティブな発言を意識する

ポジティブな言葉は、良い運気を引き寄せやすいとされています。

実際、ネガティブな言葉が多いと、本当に悪いことが起こるという経験をしたことがある方は多いでしょう。

「引き寄せの法則」といって、ポジティブになると幸運が訪れ、ネガティブになると不運に見舞われるという現象があります。

引き寄せの法則には潜在意識が深く関係しています。

あなたがポジティブになれば、潜在意識も前向きになり、明るい未来を引き寄せようと作用するのです。

ネガティブになると、不運を引き寄せる作用が働いてしまうので、前向きな気持ちで日々過ごすのは重要ですよ。

さらに、「言霊」も潜在意識との関係が深いので、心の中で思うだけでなく、発言することも大切です。

もし不運が起こったとしても、「大丈夫!次は成功する!」「失敗を次に活かそう!」など、ポジティブな発言をすると、運気ダウンを阻止できますよ。

対処法その5:美容院、エステに行くなど自分磨きをする

風水では、髪を切ると厄落としの効果があるといわれています。

昔から失恋したら髪を切るという風習がありますよね。

失恋したら当然ネガティブになるので、気持ちの切り替えという厄落としとして、髪を切るのは、あながち間違いではないということが分かります。

悪いことが続くときは、毛先だけでもいいので美容院で髪を切りましょう。

また、エステに行って自分磨きするのもいいですよ。

外見に気を遣い、キレイな自分をキープすると、明るい運気が入りやすくなります。

同時に異性としての魅力がアップするので、恋愛でいいことが起こるかもしれませんよ。

ほかにも、エステでマッサージなど受けられる場合もありますよね。

マッサージは体の気を整える効果があります。

心身ともにリラックスでき、心の元気も回復するので、ぜひマッサージも受けてみると良いでしょう。

当サイトには、悪いことが続くときの断ち切る方法を網羅的にまとめた記事もあります。

気になる方は、ぜひ下記記事もチェックしてみてください。

» 悪いことが続くときの断ち切る方法15選!風水・スピリチュアルの面から対処法を紹介

悪いことが続くときの断ち切る方法15選!風水・スピリチュアルの面から対処法を紹介
悪いことが続くときの断ち切る方法15選!風水・スピリチュアルの面から対処法を紹介本記事では、悪いことが続く場合の現状を断ち切る方法を紹介します。悪いことが続くときの断ち切る方法だけでなく、なぜ悪いことが続くのかも解説しているので、ぜひ最後まで読んでみてください。...

【運気が悪いと感じないために】良い運気をキープする方法2つ

【運気が悪いと感じないために】良い運気をキープする方法2つ

悪いことが続き、運気アップの対処法を実践したら「状況が好転した」という口コミが多数寄せられています。

しかし、良い運気が長く続くとは限りません。

当然、運気は悪いときと良いときが繰り返されるので、状況が好転してしばらくすると、不運に見舞われる可能性は十分あります。

周期的に悪い運気が流れるとしても、できるだけ良い運気をキープする方法があれば知りたいですよね。

運気が悪いと感じないために、良い運気をキープする方法は、次の2つです。

  1. 心身ともに健康を保つ
  2. 自分をリセットする時間を設ける

それでは、それぞれの項目について詳しく解説します。

方法その1:心身ともに健康を保つ

心身ともに健康を保つことで、「体」と「心」のバランスが取れます。

良い運気を引き寄せるためには、まずあなた自身が健康にならなければいけません。

栄養バランスが良い食事を心がける、睡眠をしっかり取る、適度な運動をするなど、健康を意識した生活習慣を意識しましょう。

実際にある経営者の体験談では、今までお酒やタバコが好きで、高級食材もよく口にしていたところ、経営難に陥り、節約を余儀なくされたとか。

ストレスで体調にも影響が出るようになり、健康を意識した生活に変えたところ、徐々に経営状況が回復したそうです。

今は順調に事業展開できていて、本人も元気に過ごしていますが、健康になったからといって、以前のような習慣に戻すことはしていないようです。

むしろ、「高級食材はたまに食べる程度で、お酒やタバコもほどほど。運動が楽しくて仕方ない」とか。

健康志向へと意識が変わることで、良い運気を引き寄せた典型的な例なので、ぜひ心身ともに健康を保つための習慣を心がけましょう。

方法その2:自分をリセットする時間を設ける

自分をリセットする時間といっても、ピンと来ない方が多いでしょう。

日常生活を送っていると、さまざまな人と関わりを持ちますよね。

特に仕事でいろんな人と関わっていると、知らず知らずのうちに相手に合わせることが増えて、本当の自分でいられない場合が多いでしょう。

性格上、言うべきことをハッキリ伝えられる、素直に意見を言える人なら問題ありません。

しかし、中には自分の意見を飲み込んで、我慢してしまう方もいるはず。

当てはまると感じた方は、自分の時間を作るなどして、リセットする機会を設けましょう。

自分をリセットする方法は、基本的になんでも構いません。
趣味に没頭する時間を作ったり、好きな音楽を楽しんだり、一人旅をしたり…。

あなたが心からリフレッシュできる方法を試してみてください。

自分をリセットできると、運気もリセットされます。

良い運気が下降気味になったと感じたら、リセットするタイミングです。

運気が悪いと感じたら開運方法を実践して、現状を抜け出そう【まとめ】

運気が悪いと感じたら開運方法を実践して、現状を抜け出そう【まとめ】

本記事では、運気が悪いと感じたときにやるべき対処法を紹介しました。

運気が悪いと感じたら、何かしら原因があるので、本記事で紹介した内容を参考に、なぜ最近ツイていないのかを考えてみましょう。

そして、悪い運気を断ち切るための対処法を実践して、良い運気を取り込むようにしてください。

運気が悪いと感じたら、時にはつらく苦しいと感じてしまうでしょう。

しかし、運気には周期があるので、いつまでも悪いことが続くわけではありません。

本記事を参考にして、良い運気を取り入れるよう少しずつ現状を変えましょう。

当サイトでは、プロの金運鑑定を無料で受けられる方法を紹介しています。

お金は、日々の生活に必要不可欠ですよね。

お金持ちになりたい、お金に困らない生活を送りたいと、誰もが願ったことがあるはず。

金運に恵まれるためには、運気アップ方法を実践するのが方法の一つとして挙げられますが、自分の運勢について知ることも大切です。

そこで、プロの占い師による金運鑑定を受けるのをおすすめします。

プロの金運鑑定を受けると、自分の金運が今どうなっているのか、今後どんな流れになるかなどが分かります。

他にも、自分だけの金運アップ術も教えてもらえますよ。

自分の金運について知り、お金に恵まれる生活を手に入れたい方は、ぜひ下記リンクをチェックしてみてください。

>>【今だけ無料】プロが占う私だけの2022年金運アップの方法とは?

【2022年10月】無料で金運を引き寄せるチャンス!

金運を引き寄せ、2022年を少しでも豊かに過ごしたい方へ。

今おすすめなのが、金運のプロによる個別金運占いです。

お金にさえ恵まれれば、心に余裕ができ、より充実した人生を送れるものです。

実際、この金運占いを受け続けている方は、宝くじに当たったり、貯金がドンドン貯まったりと幸運を引き寄せることに成功しています。

今だけ無料でプロの金運鑑定が受けられるので、次はあなたが金運アップの秘訣を取り入れてみてください。

\1分でできる!/
▼無料の金運占いはこちらをタップ▼

電話占いウィル