宝くじ

宝くじは当たらない仕組みになっている!?当たらない理由とリアルな実態を解説

当たれば人生が変わるほどの大金を手に入れられる宝くじ。

大金を手に入れて億万長者になりたいと、誰もが一度は思ったことがあるはず。

実際に定期的に宝くじを買っている方もいるでしょう。

しかし、宝くじの当選確率は限りなく低いのは当然ですよね。

当たらなさすぎて「実は裏で操作されているのでは?」と思う方もいるはずです。

本記事では、『宝くじが当たらない仕組みと理由、リアルな実態』について紹介します。

なぜ宝くじが当たらないのか、そもそも宝くじはどんな仕組みで売られているのかなどを解説しているので、ぜひ最後まで読んでいただけますと幸いです。

また、金運を上げたい方向けに、とっておきの情報があります。

当サイトでは、金運鑑定が得意な占い師が個別で鑑定しているサイトを紹介しています。

金運鑑定のプロに無料で占ってもらい、自分だけの金運アップ術を教えてもらいましょう。

\1分でできる!/
▼無料の金運占いはこちらをタップ▼

月相の金運成就

そもそも宝くじはどんな仕組みなの?

そもそも宝くじはどんな仕組みなの?

そもそも宝くじはどんな仕組みなのか気になる方は多いでしょう。

宝くじは、地方自治体が販売元です。

地方自治体の上には総務省があり、全体の統括をしています。

目的は地方の財政資金を集めることで、購入者が払った代金が地方自治体の活動に使われる仕組みになっているのです。

ここまで聞くと、宝くじは政府や自治体への寄付金のように感じますよね。

「財政資金に充てたいために当たらないように操作しているのでは?」と思う方もいるかもしれません。

しかし、宝くじの当選発表する際はルーレットで決めるので、事前に当選金を財政資金に回そうという細工はできません。

さらに、ロトやBIGなどでは当選者がいなかった場合はキャリーオーバーといって次回当選金に繰り越される仕組みもあります。

目的は財政資金の調達ですが、全て自治体に回るわけではないので誤解しないように。

総務省や地方自治体のほかに関わっている団体は、販売する民間銀行です。

くじの発行やCMなどの広報、抽選発表、当選金の支払いなどを担当しています。

【リアルな実態…】宝くじが当たらない3つの理由

【リアルな実態…】宝くじが当たらない3つの理由

宝くじが当たらない理由は、次の3つです。

  1. 還元率が低い仕組みになっている
  2. 当選確率をかなり低く設定している
  3. 有名人を起用したテレビCMなど高額な広告費がかかっている

それでは、それぞれの項目について詳しく解説します。

理由その1:還元率が低い仕組みになっている

宝くじの還元率は、パチンコやカジノなどほかのギャンブルに比べるとかなり低いです。

約47%ほどといわれていて、宝くじを買った時点で負けがほぼ確定しています。

さらに宝くじで得た売り上げに対して、当選金の支払いは半分以下であり、地方自治体や政令指定都市などに約4割ほど渡っているとか。

前述のとおり、宝くじのそもそもの目的は地方の財政資金の収集なので、当然とも考えられます。

さらに当選金は全て支払われているわけではなく、なかには当たったのに受け取らない方もいるのです。

「300円程度ならいいや」と思う方が多いので、その分自治体に回っているといっていいでしょう。

また数億円が当たっても受け取らない方もいるとか。

高額当選を夢見る方からすると、とてももったいないですよね。

このように、還元率がもともと低いのが当たらない理由の一つであるといえます。

当選金を受け取らない方もいるので、さらに還元率も低くなり、より当たらないと感じてしまうのも理由に挙げられます。

理由その2:当選確率をかなり低く設定している

還元率だけでなく、当選の確率もかなり低く設定されているので、宝くじは当たらないといわれています。

年末ジャンボ宝くじの1等当選確率は、0.000005%といわれています。

これは全国で6人しか当たらない確率です。

また、どんなに多くの方が当たったとしても、日本人口のうち22人しか当選しません。

ジャンボ宝くじで1等を当てるためには、組数と6ケタの番号が一致していなければいけません。

膨大な組と番号から1つを当てることはそもそも難しいですよね。

ロトでも、数字の組み合わせを完全一致させなければ1等ではありません。

1等の条件があまりにも難しい条件で当選確率をかなり低く設定しているため、宝くじは当たらないといわれているのです。

当サイトでは、宝くじの確率をまとめた記事もあります。

各商品の当選確率を一覧で記載しているので、ぜひ下記記事も併せて読んでみてください。

» 宝くじが当たる確率まとめ!種類別に徹底解説!当選した人の特徴も紹介

宝くじが当たる確率まとめ!種類別に徹底解説!当選した人の特徴も紹介
宝くじが当たる確率まとめ!種類別に徹底解説!当選した人の特徴も紹介本記事では、『宝くじが当たる確率』について紹介します。商品ごとの当選確率を一覧で紹介していたり、当選した人の特徴なども解説していたりするので、ぜひ最後まで読んでみてください。...

理由その3:有名人を起用したテレビCMなど高額な広告費がかかっている

ジャンボ宝くじやロトくじのテレビCMを見たことがある方は多いでしょう。

特に年末ジャンボ宝くじは、11月から12月にかけてよくテレビでCMが流れますよね。

起用されている有名人は、日本トップクラスのタレントや俳優などばかりなので、膨大な広告費用がかかっています。

広告費は当然、宝くじの売り上げから出ています。

多額の広告費がかかっているからこそ、宝くじは当たらないという理由もあるといわれているのです。

しかし、この理由については当たらない理由には当てはまらない部分があります。

そもそも広告費は事前に予算として決められているはずです。

そのため、広告費は購入者には関係のないお金といっていいでしょう。

さらに、広告費が膨大にかかっていたり、思っていたより売り上げが伸びなかったとしても、当選者が出たら当初設定した当選金額は支払われます。

先に解説した通り、抽選はルーレットで行うので当選番号の細工はできません。

巨額の広告費がかかっているのは事実ですが、売り上げが少なくて当選金額が減額したり、当選を操作したりなどはないので、当たらない理由には当てはまらないといえるでしょう。

宝くじは関係者しか当たらない!?よくある噂3つ

宝くじは関係者しか当たらない!?よくある噂3つ

「宝くじの当選者は事前に決まっている」などの噂を聞いたことがある方はいるでしょう。

続いては、宝くじが当たらないことに関してよくある3つの噂の真偽をお伝えします。

  1. 内部で当たっている人が決まっている?
  2. ルーレットに不正できるよう細工されている?
  3. 売れ残った宝くじを販売員が持っている?

それでは、それぞれの項目について詳しく解説します。

噂その1:内部で当たっている人が決まっている?

販売元など内部で宝くじの当選者を事前に決めているという噂をよく聞く方がいるかもしれませんが、これはウソです。

内部で当選者を決めていた場合、どこかでリークされるなど情報が洩れるはずです。

宝くじの歴史は約80年ほどあります。

もし本当に内部で当選者が決められていたら、どこかでバレてもおかしくないはず。

さらに地方自治体や総務省など政府が関わっているので、もし内部で当選者を決めていたなら、国民や県民などの信頼を失うことにもつながります。

現在まで内部告発の事実はないので、ただの噂といっていいでしょう。

噂その2:ルーレットに不正できるよう細工されている?

抽選ではルーレットで組・番号を決めるのですが、「細工されているのでは?」と思う方も多いです。

しかし、これもウソです。

そもそもルーレットは細工できない仕組みになっていますし、抽選発表はライブ配信されています。

その場で何かズルしようと思ってもできない状態であり、事前に何かを加えるなど細工できる状況ではありません。

ルーレットに不正できるようになっているという情報も、ただの噂です。

噂その3:売れ残った宝くじを販売員が持っている?

「確かに当選者は出ているものの、実は販売員が当たっているのでは?」と思う方もいるようです。

売れ残った多数の宝くじを販売員が持っていて、その中から当選が決まっていると思っている方もいますが、これもウソです。

売れ残った宝くじは、販売終了後シュレッダーにかけられます。

そのため、販売員が大量に売れ残った宝くじを独り占めはできません。

売れ残った宝くじを販売員が持っているという情報も、ただの噂です。

宝くじは未購入では当たらない!当選確率をアップさせる3つの方法

宝くじは未購入では当たらない!当選確率をアップさせる3つの方法

宝くじは当たらないと思う方が多いですが、そもそも購入しないと当たるチャンスも得られません。

続いては、高額当選者が実践している当選確率を上げる3つの方法を紹介します。

  1. 「天赦日」に宝くじを買う
  2. 売り場の方角を意識して買う
  3. 買った宝くじを大切に保管する

それでは、それぞれの項目について詳しく解説します。

当サイトでは、宝くじの買い方についてまとめた記事もあります。

高額当選者が実践している買い方をまとめた記事なので、気になる方はぜひ下記記事も併せてチェックしてみてください。

» ジャンボ宝くじの買い方徹底解説!バラと連番はどっちがいい?縦バラや特バラとは?

ジャンボ宝くじの買い方徹底解説!バラと連番はどっちがいい?縦バラや特バラとは?
ジャンボ宝くじの買い方徹底解説!バラと連番はどっちがいい?縦バラや特バラとは?本記事では、『ジャンボ宝くじの買い方徹底解説』を紹介します。バラと連番はどっちがいいのか、「縦バラ」や「特連」など高額当選しやすい買い方なども解説しているので、ぜひ最後まで読んでみてください。...

方法その1:「天赦日」に宝くじを買う

『天赦日(てんしゃび)』は、吉日のなかでも特に最強と言われています。

1年に約6回しか訪れない貴重な吉日です。

全ての神様が天界に集まり、何事も成功に導いてくれる日とされています。

どんな罪も「赦す」日とされていて、今までの悪い運気の流れをリセットしてくれる日でもあります。

最高の吉日なので、宝くじ購入にピッタリですよ。

高額当選者は、宝くじを買う日にもこだわりがあり、天赦日に絞って購入する傾向にあります。

アンケートでもこだわった部分の2位に買う日が挙がるほどです。

宝くじが当たるコツの一つとして、買う日を天赦日にしてみるといいでしょう。

方法その2:売り場の方角を意識して買う

高額当選者は、風水の視点から売り場を決める方もいます。

金運が上昇する方角は『西』なので、自宅から西側にある売り場に絞るといいでしょう。

さらに窓口も西側にあると、より金運上昇の効果を得られますよ。

ほかにも、過去に高額当選が出た売り場は当たりやすいとされているので、1等が出たことのある売り場を中心にリサーチするのもいいでしょう。

また、愛想の良い従業員の方がいる売り場は当たりやすいともいわれています。

売り場にこだわり、直感で良いと思った場所で宝くじを買いましょう。

方法その3:買った宝くじを大切に保管する

高額当選者は、宝くじを購入した後の行動にもこだわりがあります。

金運を上げるために、購入した宝くじを暗くて涼しい場所に保管する方が多いです。

机の引き出しや冷蔵庫などがメジャーですよ。

ほかにも、金運がアップするカラーである黄色を活用し、黄色い布で包んで保管する方もいます。

さらに財布を寝かせる専用の布団もあることから、財布布団をかけて保管する方もいるとか。

購入後も宝くじを丁寧に扱うことで、自然と金運がアップしますよ。

宝くじが当たらないのはウソ!購入してこそ当選のチャンスがある【まとめ】

宝くじが当たらないのはウソ!購入してこそ当選のチャンスがある【まとめ】

本記事では、『宝くじが当たらない仕組みと理由、リアルな実態』について紹介しました。

宝くじはそもそも当たらない可能性のほうが、ずっと高いです。

当たらない理由を「財政資金に回したいから」「内部で当選者が決まっているから」と考える方もいますが、そもそも1等のハードルが高すぎるのが主な理由といっていいでしょう。

実際にネットや売り場では数多くの高額当選者が出ているのも事実です。

宝くじは、そもそも買わないと当たるチャンスは巡ってきません。

億万長者を夢見る方は、まずは少ない枚数でいいので宝くじを買ってみて大金を得るチャンスを得ましょう。

高額当選者の多くはコツコツ買い続けて当たっている傾向にあります。

「当たらない」ではなく「当たるかもしれない」とワクワク感を持って娯楽の一つとして楽しむといいでしょう。

当サイトでは、金運鑑定のプロの占いを個別で受けられるサイトを紹介しています。

特に2022年を豊かに過ごしたいと思っている方にピッタリですよ。

金運を上げる具体的な方法を教えてくれるプロの占い師に鑑定してもらうことで、豊かな人生を送るヒントを得られるはずです。

無料で金運鑑定のプロの占いを受けられるので、金運を味方につけて理想の自分になるための方法を聞き出しましょう。

>>【今だけ無料】プロが占う私だけの2022年金運アップの方法とは?

【2022年】無料で金運を引き寄せるチャンス!

金運を引き寄せ、2022年を少しでも豊かに過ごしたい方へ。

今おすすめなのが、金運のプロによる個別金運占いです。

お金にさえ恵まれれば、心に余裕ができ、より充実した人生を送れるものです。

実際、この金運占いを受け続けている方は、宝くじに当たったり、貯金がドンドン貯まったりと幸運を引き寄せることに成功しています。

今だけ無料でプロの金運鑑定が受けられるので、次はあなたが金運アップの秘訣を取り入れてみてください。

\1分で無料登録できる!/
▼無料で人気の金運占いはこちらをタップ▼
月相の金運成就