About us

公益社団法人 京都市観光協会

sp_dotline_jpside.gif Visit Japan Kyoto Travel Guide bnr_119_ja.gif ns-jp-bnr.gif

2017年12月

9_mth_btn_s.gif10_mth_btn_s.gif11_mth_btn_s.gif12_mth_btn_s.gif1_mth_btn_s.gif2_mth_btn_s.gif

〔イベント〕>>>
〔年中行事〕>>>
〔美術館・博物館〕>>>



page top↑



〔イベント〕



夜間特別拝観と紅葉ライトアップ


高台寺17-12-1.bmp
10月22日(日)~12月10日(日)(予定)
受付:日没~21時30分
境内、紅葉とあいまって、幽玄の美をほのかに浮かび上がらせ、さながら蒔絵のよう。
拝観料:600円
交通:市バス206「東山安井」
お問い合わせ:TEL 075-561-9966


圓徳院17-12-2.bmp
10月22日(日)~12月10日(日)
12月8日・9日は拝観休止
受付:日没~21時30分
奥行きのある庭園が訪れる人を幽玄の世界に誘います。
拝観料:500円
交通:市バス206「東山安井」
お問い合わせ:TEL 075-525-0101


青蓮院
10月下旬~12月初旬(予定)
受付:18時~21時30分
相阿弥作の池泉回遊式庭園、小堀遠州作「霧島の庭」が夜の光の中に浮かび上がります。
拝観料:800円
交通:市バス5「神宮道」
お問い合わせ:TEL 075-561-2345


将軍塚青龍殿17-12-3.bmp
10月下旬~12月初旬(予定)
受付:17時~21時
眼下に京都市内を一望。散策を楽しめる広々とした庭園一円に紅葉が広がります。
拝観料:500円
交通:地下鉄東西線「東山」よりタクシー
お問い合わせ:TEL 075-771-0390


知恩院
11月初旬~12月初旬
受付:17時30分~21時
阿弥陀堂や友禅苑などをライトアップします。
拝観料:800円
交通:市バス206「知恩院前」
お問い合わせ:TEL 075-531-2111


永観堂17-12-4.bmp
11月7日(火)~12月6日(水)(予定)
受付:17時30分~20時30分
境内はもちろん、お堂や回廊にせまってくる岩垣紅葉も見ものです。
拝観料:600円
交通:市バス5「南禅寺・永観堂道」
お問い合わせ:TEL 075-761-0007


清水寺
11月11日(土)~12月3日(日)
受付:18時30分~21時
モミジを背景に「清水の舞台」や極彩色の西門が夜空に映えます。
拝観料:400円

《成就院庭園特別公開》
11月18日(土)~12月3日(日)
受付:18時30分~20時30分
庭園「月の庭」の優美な秋の夜を堪能できます。
拝観料:600円(別途に清水寺の拝観料400円が必要です。)
交通:市バス206「清水道」
お問い合わせ:TEL 075-551-1234


隨心院17-12-5.bmp
11月中旬~12月上旬(予定)
受付:18時~20時30分
小野の里、小野小町ゆかりの寺院の夜の拝観。
拝観料:600円(夜間のみ)
交通:地下鉄東西線「小野」
お問い合わせ:TEL 075-571-0025


【洛中】

北野天満宮17-12-6.bmp
11月上旬~12月上旬
日没~20時
御土居に取りまく紅葉を堪能します。
拝観料:700円(茶・菓子付)
交通:市バス50「北野天満宮前」
お問い合わせ:TEL 075-461-0005


【洛西】

嵯峨野トロッコ列車ライトアップ運行17-12-7.bmp
10月中旬~12月上旬(予定)
亀岡~保津峡~嵐山間の7.3kmをライトアップ。対象は最終列車の予定です。
運賃(片道):大人:620円/小人:310円
お問い合わせ:TEL 075-861−7444(テレフォンサービス)




旧嵯峨御所 大覚寺門跡17-12-8.bmp
11月10日(金)~12月3日(日)
受付:17時30分~20時
境内および大沢池周辺の広大なエリアを、幻想的で柔らかな光で照らし出します。
拝観料:500円
交通:市バス28「大覚寺」
お問い合わせ:TEL 075-871-0071


宝厳院17-12-9.bmp
11月中旬~12月上旬
受付:17時30分~20時15分
「獅子吼の庭」と呼ばれ『都林泉名勝図会』にも掲載された名園で、見事な紅葉の宵。
拝観料:600円
交通:市バス28「嵐山天龍寺前」
お問い合わせ:TEL 075-861-0091


【洛南】

東寺17-12-10.bmp
10月28日(土)~12月10日(日)
受付:18時30分~21時
紅葉のライトアップと夜間拝観が行われます。
拝観料:1,000円
交通:近鉄京都線「東寺」
お問い合わせ:TEL 075-691-3325




醍醐寺17-12-11.bmp
11月中旬~12月上旬(予定)
受付:18時~20時10分
金堂、五重塔など下伽藍が夜間照明により映し出されます。
拝観料:1,000円
交通:地下鉄東西線「醍醐」
お問い合わせ:TEL 075-571-0002


特別展・特別公開


【洛中】

旧三井家下鴨別邸(主屋二階)17-12-12.bmp
11月16日(木)~12月5日(火)
大正14年に完成した、下鴨神社の南に位置する豪商・三井家の旧別邸(重文)。格調高い「玄関棟」に続く「主屋」は、南に広がる庭園と一体となった開放的な造りで、庭園には燈籠や巨石が配され、泉川から水を引いた瓢箪型の池が作られています。
この秋は、通常公開されている玄関棟および主屋一階・庭園に加えて、通常非公開の主屋二階を特別公開。二階からの庭園の眺めをお楽しみいただけます。
見学料:600円
交通:市バス205「葵橋西詰」、市バス4・17「出町柳駅前」
お問い合わせ:京都市観光協会 TEL 075-213-1717


相国寺
9月25日(月)~12月15日(金)(予定)
※10月18日~21日は拝観休止
10月3日~5日は法堂のみ11時~
「泣き龍」で知られる法堂、開山堂、方丈の公開。
拝観料:800円
交通:地下鉄烏丸線「今出川」
お問い合わせ:TEL 075-231-0301


御土居の公開/北野天満宮17-12-13.bmp
11月上旬~12月上旬
北野天満宮の「御土居」は原型に最も近く、紅葉が脇に流れる紙屋川の水面に映え、野趣に富んだ風景です。
拝観料:700円(茶・菓子付)
交通:市バス50「北野天満宮前」
お問い合わせ:TEL 075-461-0005


【洛東】

聖護院 特別公開
9月16日(土)~12月10日(日)
拝観休止日あり
宸殿を彩る豪華絢爛な狩野派の障壁画をはじめ、本尊の不動明王像(重文)や御水尾天皇が女院のために建てた優美で繊細な書院、本堂などの貴重な文化財が公開されます。
拝観料:800円
交通:市バス206「熊野神社前」
お問い合わせ:TEL 075(771)1880


「茶室好文亭」の特別公開
11月初旬~12月初旬(予定)
青蓮院
旧粟田御所の青蓮院。江戸時代、後櫻町上皇の御学問所として使用されたのが好文亭です。期間中は正式な茶道のお点前を楽しんでいただけます。
拝観料:1,000円(抹茶または煎茶、菓子付)※別途通常拝観料 500円必要
交通:市バス5「神宮道」
お問い合わせ:TEL 075(561)2345


高台寺17-12-14.JPG
10月22日(日)~12月10日(日)(予定)
秀吉の妻、北の政所ねね創建の高台寺。華麗な蒔絵は「高台寺蒔絵」として特に有名。見どころも多数。
拝観料:600円(掌美術館見学付)
交通:市バス206「東山安井」
お問い合わせ:TEL 075-561-9966



圓徳院17-12-15.bmp
10月22日(日)~12月10日(日)
12月8日・9日は拝観休止
拝観料:500円
交通:市バス206「東山安井」
お問い合わせ:TEL 075-525-0101


永観堂
11月7日(火)~12月6日(水)(予定)
紅葉の寺で知られる永観堂で、寺宝の数々が特別公開されます。
拝観料:1,000円
交通:市バス5「南禅寺・永観堂道」
お問い合わせ:TEL 075-761-0007


金戒光明寺17-12-16.bmp
~紅葉の回遊式庭園と市内一望の山門特別公開~
11月10日(金)~12月3日(日)
受付:9時~16時
●御影堂・大方丈・庭園
幕末の会津藩や新選組ゆかりの地。特別公開される庭園は、白砂と杉苔の枯山水庭園「紫雲の庭」と、鮮やかな紅葉と池が見事に調和した回遊式庭園です。名仏師・運慶の作と伝わる文殊菩薩像や、遣唐使・吉備真備ゆかりの吉備観音像(重文)、仕掛けのある「虎の襖絵」などが見どころです。そのほか、伊藤若冲筆「群鶏図(ぐんけいず)押絵貼(おしえばり)屏風」や、大政奉還150年にちなみ、会津藩主・松平容保(まつだいらかたもり)の遺墨、藩士の鎧兜(よろいかぶと)など、会津藩ゆかりの寺宝を特別公開します。

●山門
 江戸時代末期に建立された山門の楼上内部を特別公開。平成25年に修復を終えた山門の天井一面には「蟠龍図」が描かれ、釈迦三尊像と十六羅漢像が安置されています。また、楼上からは、市内一望の絶景を楽しむことができます。
※公開箇所も、法要等都合により拝観できない日や時間帯が生じる場合があります。

拝観料:御影堂・大方丈・庭園 600円/山門800円/ 御影堂・大方丈・庭園・山門セット券1,200円
交通:市バス5「東天王町」から徒歩約15分、又は市バス100「岡崎道」から徒歩約10分
お問い合わせ:京都市観光協会 TEL 075-213-1717


霊鑑寺17-12-17.bmp
~歴代皇女が入寺された尼門跡(もんぜき)寺院「谷の御所」の紅葉~
11月18日(土)~12月3日(日)
受付:10時~16時
代々皇女が入寺されたことから「谷の御所」と呼ばれた尼門跡寺院で、尼宮たちの雅な暮らしを偲ばせる御所人形など貴重な寺宝が残されています。後西天皇の院御所の御殿を移築した書院は、狩野派の作と伝わる「四季花鳥図」などの華麗な障壁画に彩られており、本堂は江戸幕府十一代将軍・徳川家斉が寄進したもので、如意輪観音像を安置しています。山裾に広がる回遊式庭園は、樹齢350年を超えるタカオカエデをはじめ、色鮮やかな紅葉が見事な美しい庭園です。
※公開箇所も、法要等都合により拝観できない日や時間帯が生じる場合があります。

拝観料:大人:600円/小学生:300円
※15名以上の団体は1割引
交通:市バス5「真如堂前」から徒歩約7分、または市バス100「宮ノ前町」から徒歩約5分
お問い合わせ:京都市観光協会 TEL 075-213-1717


【洛北】

名刹大徳寺塔頭の拝観17-12-18.bmp
■黄梅院(おうばいいん)10月7日(土)~12月17日(日)
            10月28日は拝観休止
■興臨院(こうりんいん)9月9日(土)~10月1日(日)
            9月21日~23日は拝観休止
            10月7日(土)~12月17日(日)
黄梅院の庫裡は日本の禅宗寺院では最古のもの。
興臨院は本堂、表門、唐門が室町時代創建で禅宗建築の代表作です。
拝観料:600円
交通:市バス206「大徳寺前」
お問い合わせ:京都春秋事務局 TEL 075-231-7015


【洛西】

「花の天井」特別拝観
9月8日(金)~12月3日(日)
※10月1日、7日~9日は拝観休止
平岡八幡宮
本殿内陣天井に描かれた44種の花の絵は、江戸期のものと伝えられます。
拝観料:800円
交通:JRバス「平岡八幡」
お問い合わせ:TEL 075-871-2084


宝厳院(ほうごんいん)17-12-19.bmp
10月上旬~12月中旬(予定)
名跡「獅子吼の庭」は、江戸時代の「都林泉名勝図会」に紹介された、洛西の名園中の名園です。
拝観料:500円
交通:市バス28「嵐山天龍寺前」
お問い合わせ:TEL 075-861-0091


弘源寺
10月初旬~12月初旬(予定)
細川家ゆかりの本堂から見る見事な嵐山の景観。
拝観料:500円
交通:市バス28「嵐山天龍寺前」
お問い合わせ:TEL 075-881-1232


大覚寺秋季名宝展17-12-20.bmp
9月29日(金)~12月4日(月)(予定)
重要文化財を含む旧嵯峨御所大覚寺所蔵の寺宝、「五大明王像」はじめ、狩野派の障壁画などを展観。
拝観料:800円
交通:市バス28「大覚寺」
お問い合わせ:TEL 075-871-0071


秋の阿弥陀堂特別公開17-12-21.bmp
直指庵
11月12日(日)~12月3日(日)
奥嵯峨の竹林に囲まれ寺院にて寺宝が展示されます。
拝観料:500円
交通:市バス28「大覚寺」
お問い合わせ:TEL 075-871-1880


秋の特別公開
浄住寺
11月18日(土)~12月3日(日)
受付:9時~16時
この秋、初めての特別公開。苔寺や鈴虫寺、地蔵院「竹の寺」に程近く、参道の石段を染める紅葉が美しい葉室山(はむろさん)浄住寺。弘仁元年(810)、嵯峨天皇の勅願寺として開創され、公家の葉室家の菩提寺として栄えた古刹です。江戸時代に建てられた本堂、その後方の位牌堂、開山堂、寿塔(じゅとう)など、黄檗宗(おうばくしゅう)寺院ならではの中国風の諸堂が階段状に一列に並びます。
仙台藩4代藩主・伊達綱村が幼少期を過ごした屋敷を移築したと伝わる「方丈」には、有名な御家騒動「伊達騒動」で幼い綱村が命を狙われることもあったためか「武者隠し」があり、床の間の壁に設けられた穴から抜け出せる仕掛けが残っています。そのほか、室町時代の池泉式庭園や、狩野永岳(かのうえいがく)筆の衝立「雲龍図」などもみどころです。
拝観料:600円
交通:京都バス73「苔寺・鈴虫寺」
お問い合わせ:京都市観光協会 TEL 075-213-1717


***************************************************


京都・嵐山花灯路-201717-12-22.bmp
12月中旬(予定)
点灯時間:17時~20時30分(予定)
京都を代表する寺院・神社をはじめとする歴史的な文化遺産やまち並みなどを、日本情緒豊かな陰影のある露地行灯の灯りと花により思わず歩きたくなる路、華やぎのある路を演出しています。
お問い合わせ:京都・花灯路推進協議会事務局(京都市観光MICE推進室)TEL: 075-212-8173







***************************************************


當る戌歳 吉例顔見世興行 東西合同大歌舞伎
ロームシアター京都
歌舞伎発祥地に建つ南座にて、東西の人気歌舞伎役者が一堂に会する京の師走の一大興行ですが、今年はロームシアター京都で開催されます。
江戸の頃、劇場と役者の契約期間は一年で、毎年11月に新しい顔触れによる座組で開場されました。これを「顔見世」と称し、この名残が今日の興行へと受け継がれています。
交通:市バス5・100「岡崎公園 美術館・平安神宮前」
お問い合わせ:TEL 075-561-1155


***************************************************


第112回 京料理展示大会17-12-23.bmp
12月13日(水)・14日(木)10時~16時
京都市勧業館(みやこめっせ)
有名料亭から出品された豪華な京料理の作品が一堂に集められ展示されます。京都の伝統的な京料理、名物料理の数々が、目にも鮮やかに並べられる見応えある展示大会で、明治期に始まり、100年余の歴史を誇ります。会場では、有職料理の厳粛な儀式である生間流式庖丁の実演が行われるほか、お茶席・お食事コーナー(有料)などもあり、盛りだくさんの内容で繰り広げられます。
料金(昨年度例):大人:800円(前売600円)/学生:500円
交通:市バス5・100「岡崎公園 美術館・平安神宮前」
お問い合わせ:京都料理組合 TEL 075-221-5833


***************************************************


山科義士まつり
12月14日(木)10時~
毘沙門堂~岩屋寺~大石神社
大石内蔵助をはじめ、赤穂四十七士を偲ぶお祭り。山科区民の扮装による義士列がゆかりの地を練り歩き、討ち入りの様子を再現したパフォーマンスも行われます。
交通:地下鉄東西線・JR「山科」、京阪京津線「京阪山科」
お問い合わせ:山科区地域力推進室 TEL 075-592-3088


赤穂義士ゆかりの社寺


長矩の墓に四十七士の遺髪
瑞光院(ずいこういん)
浅野内匠頭長矩の夫人瑤泉院と深い縁故のお寺。長矩公の切腹の後、供養塔が建てられ、大石ら切腹の後は、当時の住職が江戸に下り、四十七士の遺髪をもらい受け寺内に葬りました。
交通:地下鉄東西線・JR「山科」、京阪京津線「京阪山科」
お問い合わせ:075-581-3803


大石良雄ゆかりの血判石
花山稲荷神社(かざんいなりじんじゃ)
大石良雄が山科に隠棲していたとき、崇敬すること篤く、ゆかりの血判石などが残されています。
交通:JR琵琶湖線「山科」から京阪バス29「清水焼団地」
お問い合わせ:TEL 075-581-0329


大石良雄を祀る
大石神社
祭神が大石良雄。神社の界隈が隠棲の地であり、手紙、掛け軸、安政2年に描かれた四十七士の屏風、隠棲宅の欄間など多数の品々が残されており、宝物殿で鑑賞できます。
交通:JR「山科」から京阪バス「大石神社」
お問い合わせ:TEL 075-581-5645


岩屋寺
本尊の不動明王は大石良雄の念持仏。浅野長矩の位牌や四十七士の像が祀られています。12月14日には良雄らの遺品の公開も行われます。境内には大石良雄の遺髪を埋めた「遺髪塚」があります。
拝観料:通常400円(14日のみ拝観料300円)
交通:JR琵琶湖線「山科」から京阪バス29「大石神社」
お問い合わせ:TEL 075-581-4052


赤穂義士の遺品も残る
極楽寺
大石神社、岩屋寺とも近く、大石良雄が施主となった寺。庭にある五輪塔は遺髪塚と伝えられています(拝観時要連絡)。
交通:JR琵琶湖線「山科」から京阪バス29「大石神社」
お問い合わせ:TEL 075-581-5347


小野寺十内の墓
西方寺
小野寺一族の墓があります。小野寺十内、小野寺幸右衛門、岡野金右衛門、大高源五の墓は十内の妻、丹女が立てたもの。
普段は非公開ですが、12月14日のみ義士法要のため、午前中公開されます。
交通:市バス206「東山仁王門」
お問い合わせ:TEL 075-771-3395


大石良雄遺愛の茶釜
来迎院(らいごういん)
大石良雄は外戚の来迎院長老に頼み、寺請証文を受け、山科に浪宅を構えることができました。茶席含翠軒を寄進、遺愛の茶釜、肖像画などがあります。茶室は密議の場ともなりました。
拝観料:300円
交通:市バス208「泉涌寺道」
TEL 075-561-8813


同志との連絡の場所
法住寺
大石良雄が仇討ちを祈願した身代わり不動尊像があり、四十七士の小像が安置されています。
拝観料:500円
交通:市バス206・208「博物館三十三間堂前」
お問い合わせ:TEL 075-561-4137


「おかる」の墓
上善寺
本堂裏の墓地に二文字屋次郎左衛門の娘で良雄の愛人「おかる」(本名おかじ)の墓があります。刻まれている法名は「清誉貞林法尼」。
交通:市バス206「千本今出川」
お問い合わせ:TEL 075-461-5706


天野屋利兵衛の木像
地蔵院(椿寺)
天野屋利兵衛の墓があり、木像や遺品の算盤が保存されています。12月14日には木像の見学ができます。
交通:市バス50・205「北野白梅町」
お問い合わせ:TEL 075-461-1263


***************************************************



page top↑







〔年中行事〕





厄除け大根だき
各寺々においていろいろな言い伝えがある「大根だき」は、年の瀬の楽しみな年中行事です。冬の盛りに至るこの季節、熱い大根を食すれば、ほのぼのと体が温まり、厄除けを兼ねた京の町の師走の風物詩として多くの参拝者で賑わいます。


厄落としの大根焚き(御会式)
12月2日(土)・3日(日)10時~15時
三宝寺
御会式(おえしき)は、日蓮大聖人を讃える法要。一年の罪汚れを落とす「厄落としの祈祷」が行われ、「大根焚き」 がふるまわれます。
中風封じの大根焚き:700円、ゆず御飯:800円
交通:市バス26・JRバス「福王寺」、市バス8・JRバス「三宝寺」
※当日は、福王寺交差点より無料送迎バスが運行されます。
お問い合わせ:TEL 075-462-6540


釈尊成道会・大根だき
12月10日(日)11時~
妙満寺
お釈迦様がインド・ブッダガヤの菩提樹の下で悟りを開かれたことを喜び、感謝する法要。法要後には「大根だき」を振舞い、除厄招福と健康を祈願します。
拝観料:300円
大根だき:500円
交通:地下鉄烏丸線「国際会館」→京都バス「幡枝(妙満寺)」
お問い合わせ:TEL 075-791-7171


成道会法要と大根焚き
12月7日(木)・8日(金)
千本釈迦堂(大報恩寺)
釈尊が悟りを開いた日を記念し行われます。
成道会:8日10時~
大根焚き授与:両日10時~16時
大根焚き:1,000円
交通:市バス50「上七軒」
お問い合わせ:TEL 075-461-5973


報恩講(大根焚)
12月9日(土)・10日(日)法要11時~
了徳寺
約750年前、鳴滝の地を訪れた親鸞上人は、村人が捧げた大根焚に大層喜ばれたと伝えられます。大根焚は9時から16時までふるまわれます。
大根志能券:1,000円
お斎券:1,600円(昨年例)
交通:市バス26「鳴滝本町」
お問い合わせ:TEL 075-463-0714


ご利益かぼちゃ供養


南瓜大師供養
12月22日(金)10時~
不思議不動院
かぼちゃ大師と呼ばれる弘法大師木像を本堂に移し、冬至の日に行うカボチャ供養は、中風除けや、ぼけ封じにご利益があるといわれています。
一膳500円(護摩木付)
交通:市バス205「わら天神前」→M1「衣笠氷室町」
お問い合わせ:TEL 075-462-6628


かぼちゃ供養
12月23日(土・祝)10時~
矢田寺
本堂前にはたくさんのかぼちゃが供えられ、一年の無病息災を祈願します。大釜で炊かれたホクホクのかぼちゃが参拝者先着1000名様に配られます。
交通:地下鉄東西線「京都市役所前」
お問い合わせ:TEL 075-241-3608


終い縁日


しまい大国祭
12月3日(日)14時~
地主神社
宮司の祝詞(のりと)奏上の後、新年のしめ縄お祓い神事や、恋占いの石と恋の願掛け絵馬のお祓いなどが行われます。
清水寺入山費:400円
干支絵馬の授与:500円
交通:市バス206「清水道」「五条坂」
お問い合わせ:TEL 075-541-2097


終い金比羅祭
12月10日(日)10時~
安井金比羅宮
この日から初金比羅の1月10日まで、稲穂に紅白の折鶴、松竹梅などを配した神札「稲宝来」が社頭で参詣者に授与されます。
稲宝来:3,500円
交通:市バス206「東山安井」
お問い合わせ:TEL 075-561-5127


納め甲子祭
12月3日(日)
松ヶ崎大黒天
都七福神で知られる大黒さん。60日に1回の甲子の日には、祈祷、ご幣が授けられます。
交通:地下鉄烏丸線「松ヶ崎」
お問い合わせ:TEL 075-781-5067


終い弘法
12月21日(木)8時~16時
東寺
弘法大師の月命日の21日に行われる弘法市。一年最後の弘法さんの縁日は、縁起物、日用雑貨品から植木、骨董品まで、広い境内に所狭しと多数の露店が並びます。
交通:近鉄京都線「東寺」
お問い合わせ:TEL 075-691-3325


終い天神
12月25日(月)ライトアップ日没~21時
北野天満宮
御祭神・菅原道真公のお生まれとお亡くなりの日がいずれも25日にあたり、毎月縁日が開かれます。一年最後の縁日は、朝早くから境内周辺に多くの露店が立ち並び、終日賑わいます。
交通:市バス50「北野天満宮前」
お問い合わせ:TEL 075-461-0005


献茶祭17-12-24.bmp
12月1日(金)10時~
北野天満宮
天正15年に秀吉が催した北野大茶会にちなむ行事です。
祭典:10時から約1時間
本席:祭典終了後、副席は9時からいずれも15時まで。
拝服茶券:5,000円
交通:市バス50「北野天満宮前」
お問い合わせ:TEL 075-461-0005


針供養17-12-25.bmp
12月8日(金)13時~14時
虚空蔵法輪寺
宮中や全国から集まった針の供養をし、技芸上達、家庭円満を祈願。甘酒の接待、日本舞踊などがあります。法輪寺は、手芸、芸能上達の守護神として信仰されています。
交通:市バス28「嵐山公園」
お問い合わせ:TEL 075-862-0013


事始め
12月13日(水)10時頃~
花街・祇園など
正月の準備を始め、お世話になった方のところに挨拶に行く風習。なかでも祇園のものがよく知られており、芸妓さんや舞妓さんが鏡餅を持って師匠のところに挨拶に行きます。


大福梅の授与17-12-26.bmp
12月13日(水)から
8時30分~
北野天満宮
新年の招福息災の祈りを込めて祝膳に欠かせぬものと伝えらる大福梅の故事は村上天皇の御代(951年)にさかのぼります。事始め(12月13日)から終い天神(12月25日)の頃まで授与されます。(なくなり次第終了)
大福梅:1袋(6粒入り)500円
交通:市バス50「北野天満宮前」
お問い合わせ:TEL 075-461-0005


空也踊躍念仏(かくれ念仏)17-12-27.bmp
12月13日(水)~31日(日)16時頃~
※31日は非公開
六波羅蜜寺
京に疫病が流行したとき、空也上人が救済を願って始めたといわれる念仏です。(重要無形民俗文化財)
交通:市バス206「清水道」
お問い合わせ:TEL 075-561-6980


義士会法要17-12-28.bmp
12月14日(木)
法要:11時~、献茶式:11時30分~
法住寺
寺には大石良雄が仇討ち祈願をした身代わり不動があり、四十七士の木像が安置されています。舞妓さんによる献茶式が営まれ、島原より太夫さんが太夫道中に参ります。書院ではお茶席、境内では討入りそばの接待があります。
料金:1,000円(お茶席・お蕎麦・拝観料)
交通:市バス206「博物館三十三間堂前」
お問い合わせ:TEL 075-561-4137


煤払い
12月20日(水)
西本願寺・東本願寺
室町時代の後期から始まったといわれる年の瀬の恒例行事。僧侶や門信徒が堂内の畳を叩き、大団扇で一斉に埃を堂外にあおぎ出します。
交通・アクセス:西本願寺/市バス9「西本願寺前」
    東本願寺/JR・地下鉄烏丸線「京都」
お問い合わせ:西本願寺/TEL 075-371-5181
       東本願寺/TEL 075-371-9181


御身拭式(おみぬぐいしき)
12月25日(月)13時~
知恩院
御厨子の中に安置されている元祖法然上人の木像を、香染めの羽二重で拭う儀式。本年は御影堂大修理のため、法然上人御堂にて行われます。
交通:市バス206「知恩院前」
お問い合わせ:TEL 075-531-2111


をけら詣り
12月31日(日)
大祓式:15時~、除夜祭:19時~
八坂神社
除夜祭終了後、「をけら灯籠」に灯された「をけら火」は夜を徹して焚かれます。その浄火を火縄にうけ、移した火を消さないように火縄をくるくると回す姿は京都のお正月を代表する風物詩です。
交通:市バス206「祇園」
お問い合わせ:TEL 075-561-6155


火之御子社鑽火祭17-12-29.bmp
12月31日(日)
北野天満宮
火の神である火之御子社(ひのみこしゃ)で斎火をおこし、参拝者は火縄に点火し家に持ち帰ります。天満宮のおけら詣りと親しまれています。
交通:市バス50「北野天満宮前」
お問い合わせ:TEL 075-461-0005



page top↑







〔美術館・博物館〕





京都国立近代美術館
〈岡本神草展(仮称)〉
11月1日(水)~ 12月10日(日)
料金:未定
交通:市バス5・100「岡崎公園 美術館・平安神宮前」
お問い合わせ:TEL 075-761-4111


京都市美術館
〈改組 新 第4回日展 京都展〉
12月17日(日)~ 1月12日(金)
料金:1,000円
交通:市バス5・100「岡崎公園 美術館・平安神宮前」
お問い合わせ:TEL 075-771-4334(テレホンサービス)


古典の日記念
京都市平安京創生館
〈企画展「平安貴族のファッション」〉
6月12日(月)~12月1日(金)
束帯や女房装束(十二単)に代表される平安貴族の装束を取り上げ、紹介します。平安貴族の優美な世界をぜひご覧ください。
協力:風俗博物館
料金:無料
交通:市バス15・93「丸太町七本松」
お問い合わせ:TEL 075-812-7222


相国寺承天閣美術館
〈臨済禅師1150 年・白隠禅師250 年遠忌記念「禅林美術展」〉
6月15日(木)~12月3日(日)
臨済禅師没後1150 年と、白隠禅師没後250 年を記念し、中国宋・元、日本中近世の墨蹟、祖師図や茶道具等を一堂に展観します。
料金:800円
交通:地下鉄烏丸線「今出川」
お問い合わせ:TEL 075-241-0423


京都文化博物館
〈ウッドワン美術館コレクション「絵画の愉しみ、画家のたくらみ―日本近代絵画との出会い―」〉
10月3日(火)~12月3日(日)
ウッドワン美術館が所蔵する約800点の美術作品の中から、上村松園、黒田清輝、岸田劉生、藤田嗣治など日本近代を代表する画家の描く名品約90点を展観します。
料金:未定
交通:地下鉄烏丸線・東西線「烏丸御池」
お問い合わせ:TEL 075-222-0888


大西清右衛門美術館
〈秋季企画展〉
9月16日(土)~12月12日(火)
料金:未定
交通:地下鉄烏丸線・東西線「烏丸御池」
お問い合わせ:TEL 075-221-2881


泉屋博古館
〈特別展 「木島櫻谷―近代動物画の冒険」〉
10月28日(土)~12月3日(日)
木島櫻谷(1877-1938)の画業の中でもっとも高く評価される動物画を、最新の研究成果や新出資料を多数まじえて紹介します。
料金:800円
交通:市バス5・93「西天王町」、32・100「宮ノ前町」
お問い合わせ:TEL 075-771-6411


茶道資料館
〈秋季特別展「仏教儀礼と茶」(仮称)〉
10月3日(火)~12月3日(日)
料金:700円
交通:市バス9「堀川寺ノ内」
お問い合わせ:TEL 075-431-6474


さがの人形の家
〈秋季展"物語りに見る≪竹田人形≫ と 幸せを呼ぶ≪お多福人形≫"展〉
9月16日(土)~12月13日(水)
江戸期に大坂(大阪)の人形芝居"竹田座"で上演された からくり仕掛けの動く人形を模して制作された《竹田人形》と、幸福招来の女神と言われ、ふくよかな笑顔とぽっちゃりとして堂々とした肉付きの《お多福人形》を展示。
料金:800円
交通:JR嵯峨野線「嵯峨嵐山」、市バス28「嵯峨釈迦堂前」
お問い合わせ:TEL 075-882-1421


能・狂言


京都観世会館
〈京都観世会例会〉
12月17日(日)11時~
演目:能「三笑(さんしょう)」「玉鬘(たまかずら)」「大江山(おおえさん)」
狂言「魚説経(うおぜっきょう)」」/仕舞
料金:6,000円(一般前売)、3,000円(学生)
交通:市バス5・100「岡崎公園 美術館・平安神宮前」
お問い合わせ:TEL 075-771-6114


金剛能楽堂
〈金剛定期能〉
12月17日(日) 13時30分~
演目:能「和布刈(めかり)」「野宮(ののみや)」
狂言/仕舞
料金:5,500円(一般前売)、3,000円(学生)
交通:地下鉄烏丸線「今出川」
お問い合わせ:TEL 075-441-7222

このページの先頭へ

gion_bnr_jp.jpg

jidai_bnr_jp.jpg

hatanaka_bnr.jpg

japanican_eng.JPG

kyoto-aeonmall_bnr.png

sp_dotline.gif

arigato2012_bnr.gif