About us

公益社団法人 京都市観光協会

sp_dotline_jpside.gif Visit Japan Kyoto Travel Guide bnr_119_ja.gif ns-jp-bnr.gif

気候

climate_main.jpg

はっきりとした四季のある国、日本。
京都でも、春夏秋冬それぞれの趣きを楽しむことができます。
また、京都にはその地形から他の都市にはない気候特性があります。
ここでは、京都ならではの四季について見ていきましょう。

四季

京都市は北、西、東の三方向を山に囲まれた、盆地という地形を持っています。そのため夏はたいへん暑く、冬はとても寒いのが特徴です。



春(3月~5月)

京都観光のベストシーズンといえるのが春。3月の中頃から穏やかな陽気が続き、雨も少なく、屋外の観光地を巡り歩くにはもっとも適した季節といえるでしょう。 また、梅に始まって、桜、つつじ、藤、菖蒲など、色とりどりの花を市内の各所で楽しめるのも春ならでは。なかでも桜は日本人がこよなく愛する花で、花が咲く4月上旬には京都の至るところで花見が催されます。


climate_01.jpg illus_01.jpg


梅雨(6月~7月)

梅雨は日本や中国、朝鮮半島など東アジア地域特有の気象現象。毎年6月のはじめ頃から7月中旬にかけて雨がよく降り、湿度の高い日が続きます。


tuyu.jpg illus_02.jpg


夏(7月~8月)

三方を山に囲まれた、盆地ならではの気候特性が顕著に現われるのが夏。山で風がさえぎられ、空気の循環が悪くなり、夏はたいへん蒸し暑くなります。じっとしていても汗ばむような蒸し暑さです。気温も高くなり、真夏には35度を超える日も珍しくありません。 また、夏には雷をともなった激しい降り雨が急に降り出すことがよくあるので、注意が必要です。


climate_02.jpg illus_03.jpg


秋(9月~11月)

春とともに観光に最適な季節といえるのが秋。晴れる日が多く、気候も比較的穏やかです。また、京都には紅葉の名所が数多くあり、毎年秋が深まり、葉が色づくと、それぞれの名所は紅葉を楽しむ人で賑わいます。


climate_03.jpg illus_04.jpg


冬(12月~2月)

夏とともに盆地の影響を強く受ける季節が冬です。周囲の山から吹き下ろす冷たい風の影響で、市内はたいへん寒くなります。その寒さは「京の底冷え」と表現され、全国的に有名です。 雪化粧を施した京都の風景は格別なものがありますが、ここ数年は冬でも比較的暖かい日が多く、積もるような雪はほとんど降っていません。


climate_04.jpg illus_05.jpg


このページの先頭へ

gion_bnr_jp.jpg

jidai_bnr_jp.jpg

hatanaka_bnr.jpg

japanican_eng.JPG

kyoto-aeonmall_bnr.png

sp_dotline.gif

arigato2012_bnr.gif